忍者ブログ
コラーゲンでいきいき若返るための情報
[7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カネボウ化粧品は、40代以降の女性に向け、ピンと上向きでハリのある毎日を応援する、美容効果を追求した美容食品「リフティング コラーゲン」<ドリンク>(30mL×10本入)、<顆粒>(3g×30包入)を9月16日から発売する。同商品は、40代以降の女性顧客の構成比が高い専門店流通で展開。専門店流通における美容食品の新規愛用者拡大を図り、象徴アイテムとして育成していく考え。

 同社は、2010年に向けた成長戦略基本方針として、「化粧品をコアとした、『H&BC(ヘルス&ビューティケア)領域』での事業拡大と充実を目指す。」ことを掲げている。昨年7月にはその実現に向け、「H&BC事業開発室」を新設。化粧品周辺領域への事業拡大を図り、美しくありたいと願う女性に向けた高付加価値商品の開発に取り組んでいるという。

 今春には、その第一弾として「エビータ ローヤルサプリ」を発売。さらに今回、第二弾として、「リフティング コラーゲン」を発売することで化粧品周辺領域での事業展開を加速していくという。

 美容食品市場は、「コラーゲン」配合商品のけん引によって近年急成長している領域であり、同社調査でも、肌のトラブルに効果のありそうな食品素材として、「コラーゲン」が最も支持されていることがわかったという。

 体内のコラーゲンは加齢とともに減少し、体や肌に様々な悪影響をおよぼすとのこと。その結果、40代以降になると、肌悩みとして、“たるみ”や“ハリのなさ”などをあげる女性が増加するという。そこで同社は、40代以降の女性顧客の構成比が高い専門店流通で、コラーゲン配合の美容食品を展開。40代以降の新規愛用者の拡大を目指すと説明する。

 美容と健康のためには、正しい食生活で必要栄養素を摂取することが基本だが、それだけでは加齢とともに減少する成分を補うことは困難であると指摘する。そこで、不足分を補うための手段として、美容食品は有効な手段といえるとのこと。

 そもそもコラーゲンは、加齢とともに体内での産生量が減少するため、年齢を重ねるとコラーゲンを補うことが大切になるが、飲んだり食べたりしてもそのまま体内に取り込まれるのではなく、それをもとに一度分解され、再び作り直されるという。同社では、この働きに注目し、アミノ酸複合体である「ハリつやアミノコンプレックス」を開発。今回発売する「リフティングコラーゲン」に配合したという。

 「リフティング コラーゲン」は、弾むような美しさを大切にしたいと願う、いきいきと前向きな女性を応援する美容食品。加齢とともに減少する「コラーゲン」をはじめ、ピンと上向きな美しさのための「リフティングアミノコンプレックス」、ハリのある美しさのための「ハリつやアミノコンプレックス」、古代から美容食材として珍重されてきた「フカヒレ」「ツバメの巣」「ライチ」などの美容成分をバランスよく配合。毎日飲み続けることで、ピンとハリのある美しさをサポートするとしている。

 「リフティング コラーゲン」は、通常の店頭販売に加え、ドリンクは毎月3ケース(30本)、顆粒は毎月1ケース(30包)から希望の場所に無料配送する“メイトシステム”も採用。さらに、年間契約で12ヵ月目の商品が無料となり、美容と健康に役立つ情報誌を年4回届ける特典もあるという。

[小売価格]
ドリンク 30mL×10本入:2625円
ドリンク 30mL:262円
顆粒 3g×30包入:6300円
(すべて税込)
[発売日]9月16日(日)

マイライフ手帳@ニュース (プレスリリース) - 2007年9月13日
PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.